読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー不美人の哀れな美容事情

残念なアラサーの、残念な美容体験談。

猫背女の救済

プロに丸投げ

【前回記事】

猫背女の悲劇 - アラサー不美人の哀れな美容事情

 

自らの罪を認め、おとなしく両手を差し出した容疑者アラサー不美人(31)。

 
 
手錠を携え、歩み寄る刑事。
 
 
彼がまさに手錠をかけんとしたその瞬間…
 
 
 
 
 
 
 
 
…シュパッ
 
 
「待たせたな…ネコゼーラームーン…」
 
 
一輪の薔薇…
もしかして…
 
 
骨盤矯正の国の王子、プリンス・セイタインディミオン様…?
 
 
「清らかな乙女の純情を穢す者は、このカイロプラクティッキード仮面が許さない…」
 
 
「貴様、何者だ!? その女をこっちへよこせ! 」
 
 
どよめく刑事たちを横目に、アラサー不美人ことネコゼーラームーン(らしい)を抱きかかえるカイロプラクティッキード仮面ことプリンス・セイタインディミオン。
 
 
次の瞬間、彼はマントを翻し、軽やかに夜空へと飛び立った…(あれ、本家のタキシード仮面って空飛んだっけ…? )
 
 
─────────────────────────
 
 
きらめく星空に浮かぶ、ふたつの人影。
 
 
「泣いているばかりでは何も解決しないぞ、ネコゼーラームーン…」
 
 
「カイロプラクティッキード仮面さまぁ…」
 
 
ネコゼーラームーンを家まで送り届け、柔らかな手つきで彼女の頭を撫でたカイロプラクティッキード仮面は、一通の封筒を手渡すと、颯爽とその場を立ち去った。
 
 
「さらばだ、ネコゼーラームーン…」
 
 
ネコゼーラームーンの手元に残った封筒。
 
 
どうやら何か入っているようだ。
そっと中を覗いてみると、それは…
 
 
 
 
 
………カイロプラクティッキード仮面が経営する、整体院のチラシだった………
 
 
第1部: ネコゼーラームーン 完
 
 
次週より、第2部: カオデーカームーンがスタートするよ!
よい子のみんな、お楽しみにね(嘘)!