読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー不美人の哀れな美容事情

残念なアラサーの、残念な美容体験談。

おもひでの合唱曲についてひたすら語る

どうでもええわ



昨夜(この現象に名前はあるのでしょうか - アラサー不美人の哀れな美容事情)、ふて寝ついでにyoutubeで合唱曲をひたすら聴いていたら色々な感情が混ざり合って涙が出そうになったため、思い出を長々と書き綴ります。


ここだけの話なんやけど、私、なんか若い子怖いねん。


というか、街中で中高生を見かけるとたまに目を背けたくなることがあんねんけど、それって未来ある若者への猛烈な妬み嫉みから来る行動やったんやなぁと昨日気づきました。


あの頃に戻りたい。


やり直したい。私。


─────────────────────────


時の旅人
時の旅人 歌詞付き - YouTube


なんなんなんなん。この切ないメロディーは…
ほんまに泣けてくるやんかぁ…


この気持ちは懐かしさから来るもんなんか、純粋に曲に対する感動なんかは分からへんねんけど。



マイバラード
EME-C3068 マイバラード〔混声3部合唱〕 - YouTube


『時の旅人』で高まっていた気持ちがついに溢れかえりました。


前奏部分を聴いただけで、涙も溢れかえりました。


「届け〜愛のメ〜ッセージ〜♪」で号泣。




青葉の歌
【合唱曲】青葉の歌 / 歌詞付き - YouTube


たしか伴奏の女の子が相当かわいかってん。


出だしの「ラ〜ララララララ♪ 」だけで、なんとなく歌が上手くなったような錯覚に陥ります。


テンションの上がる一曲。



森の狩人アレン
北九州市立本城中学校 「森の狩人アレン」When Allen A Dale Went A Hunting - YouTube


かかかかかかかか狩〜り〜を、続〜け〜る〜♪


斬新な歌詞と譜割り(?)が強烈やったためか、今でも頭にこびりついています。


大地讃頌
大地讃頌 歌詞付き - YouTube


たしか伴奏の女の子が(以下略)。



旅立ちの日に
旅立ちの日に - YouTube


卒業式の定番。
うちら世代は、『仰げば尊し』よりむしろこっち。


弾む♪(弾む♪)若い♪
力♪(力♪)信じて♪


テンポよく呼びかけに応える感じがいいね!


あまり友だちがおらんかった私でも、なんとなく「仲間とエア団結! 」みたいな気分を味わえてたような。



IN TERRA PAX
合唱曲 「IN TERRA PAX 」 - YouTube


私が中1の時、中3の先輩方がこれを歌っていて、めちゃめちゃ憧れていたという思い出の一曲。


中1の時に聴く中3の歌声は、全国大会決勝かってくらい上手に聴こえました。


今、こうして大人になってから当時の中3のことを思うと、おそらく上手いも何もただのクラス合唱やってんやろなぁと思うねんけど。


多分「30歳ってめっちゃ大人やと思ってたけど実際なってみるとまだまだ未熟者やなぁ」ていうのと同じ心境なんちゃうかと。



空駆ける天馬
【合唱曲】空駆ける天馬 / 歌詞付き - YouTube


なぜか目立つ子が集まるクラスってあるやん。


そういうクラスに限って、担任も変なカリスマ性を放ってる教師やったりするやん。


そういうクラス(もちろん私のクラスではない)が合唱コンクールで歌っててん。
「私もあっちに入りたかったなー」ていう思い出。


私の人生、いっつもこんな感じの繰り返し。
日陰から日向を見つめて羨むっていう。


─────────────────────────


まだまだ思い出の曲は大量にあんねんけど、それ全部書いたらこの記事が2億文字くらいに膨れ上がりそうなためこのへんで。


こちとらアラサーやから、レミオロメンとかGReeeeNとかを合唱曲アレンジで歌う世代のことはよく分からへん。


分からへんけど、「めっちゃ楽しそうやな」「めっちゃ歌ってみたかったな」と思います。


ちなみにどうでもええ話やけど、お察しの通り私、クラスの中では地味で目立たん存在でした。


合唱練習後のホームルームで、クラスのリーダー的存在の女子に


「アラサー不美人さんが大きな声で歌うようになってよかったと思います」


とか何とか言われて、めっちゃ恥ずかしかったことをよく覚えています。


「頼むから黙っといてくれ」と思いました。


あと私は主にソプラノやってんけど(酷いオンチのためハモり部分を歌うとクラスの輪を乱してしまうから)、昨夜改めて思い出してみたらアルトも男子パートも覚えてるっていう。


「私天才かも」と思いました。


にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラサー女性日記へ
にほんブログ村