読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー不美人の哀れな美容事情

残念なアラサーの、残念な美容体験談。

はじめて「オバサン」と呼ばれた日


人は誰しも遅かれ早かれ、「オジサン/オバサン」と呼ばれることを受け入れなければならない日がやってきます。


私の場合、その日がやって来たのは、なんとなんと18歳の夏。


友人が無事出産したとの報告を受け、お祝いがてら顔を見に行ったときのことでした。



2秒ほど固まりました。
けれど次の瞬間、重大な事実に気がついてしまいました。


自分も子どものころ


『母親の友人=おばちゃん』と認識していた」


という事実に……


そうそう。
「その友人が実際のところ何歳なのか」とかはまったく関係なく、ただただ無差別に「お母さんのおともだち=おばちゃん」でしたわ。


それは私がこれまで31年生きてきた中で、1番「自分も大人になったなぁ」と実感した瞬間でした(次点は「30歳になり、とうとう参議院議員の被選挙権を得たとき」)。


こうして私は弱冠18歳にして、「オバサン呼び」をあっさり受け入れることとなったのでございます。


「その日」が来るのがあまりに早すぎて、逆にすんなり納得できたんでしょうな。
ある意味ラッキーだったのかもしれませんね。


いったん腹をくくった女ほど強いものは、この世に存在いたしません。


それ以降、誰にどのタイミングで「オバサン」と呼ばれても一切抵抗がなくなりまして。


と、



とでは、まったく意味合いが違うのにね❤︎
なんかもうどーでもいいや❤︎❤︎


ちなみに今、私は人生最大のモテ期の真っ只中におります。



この場合は「オバチャン」ではなく「叔母ちゃん」ですから何ら問題ないですよね。


しかし聞くところによると、ある友人には「たとえ相手が甥っ子姪っ子であれど、意地でも『オバサン』とは呼ばせない」というポリシーがあるそうな。


ちなみに私、父方の伯母のことは「伯母さん」と呼ぶのですが、母方の叔母のことは「名前にちゃん付け」で呼んでいまして。


子どものころから


「そもそもなんでそう呼ぶことになってんやろか? 」


と常々疑問に思っていたんですが……


その友人の話を聞いて、謎が解けた気がしました。



おそらくこういうことですよね。


にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村


女子力アップランキングへ