読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー不美人の哀れな美容事情

残念なアラサーの、残念な美容体験談。

男性の好みに合わせる女性って、どう思いますか?【イケてる女子グループシリーズ大学編】



私は今、猛烈に後悔している……


……え?
何を後悔しているかって?


それはね。
むか〜しむかし、私が大学生だったころのお話……


─────────────────────────


女性の皆さまにお尋ねします。


あなたは、想いを寄せている男性の好みのタイプに合わせますか?


そして、男性の皆さまにお尋ねします。


自分の顔色を伺って、服装の系統をコロコロ変える女性のことをどう思われますか?


何を隠そう私はね……


モロ、合わせまくるタイーーープ!!!


いやーん。
アイデンティティていてていてい」の欠片もないこの女を笑っておくれよぉ!!!


つかさぁ、
18〜24歳のときに付き合っていた彼氏がさぁ。
「内気ではにかみ屋で、いつも図書館にいそうな女の子」が好きだとか何とかぬかしたわけですよ。


もっさりした地味なファッションが好きだとか何とかほざきやがったわけですよ。


で、バカな私はそれを真に受けてですね。
「女子大生〜新入社員」という人生で最も華やかな服装が似合うであろう女のゴールデンタイムをですね。


──黒髪、おかっぱ、ノーメイク、ボサボサ眉毛、膝下プリーツスカート、第一ボタンまでキッチリ止めたシャツ──


と、このような姿で過ごしたというわけなんですね。


それでは皆さんご一緒に……


1! 2! 3!


バカヤローーーーーーーーーーーーー!!!!
サポーテッド★バイ★INOKI〈え? ちょっと違う? 〉


─────────────────────────


さて、私が大学生だったのは2003年〜2007年。


……というと懐かしのエビちゃんOL」全盛期ど真ん中ですね!!!


エビちゃんOL……
若者にはもはや通じない……いわゆる死語なのでしょうか……


え……ちょっと待って、ホントにエビちゃんOL知りませんか?
ほら、かの有名な蛯原友里さんがCanCamモデルを務めていたころ……


……とかなんとか説明しはじめると長くなるため一言で申し上げると、要は「女子アナファッションのキラキラ濃度をより高くした感じ」です。


例としては、アンサンブルニット、小花柄スカート、ふんわりワンピなど。


主なブランドは、プライベートレーベル、レッセパッセ、ジャスグリッティー、アプワイザーリッシェ、サマンサタバサなど。


ただし私の学生時代の場合、ちょっと毛色が変わります……


……私、美大生だったので〈ただし非実技系のため、絵はヘタ〉



で、当時若い女子の中でも比較的個性派ファッションを好む傾向にある美大生、美容系専門学生らの間で流行していた着こなしがコチラなわけでございますが⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎



コレッッッッッ!
コレさぁ、普通の大学にも結構いましたよね!?


んまぁ〜この上なく意味不明な重ね着ですこと(笑)
高校時代の⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎を彷彿とさせる……(笑)



ダセエー!!
でもあったかいのだ(笑)


けれど流行というのは恐ろしいものでして、当時この謎ファッションが、キラピカ「エビちゃんOL」ファッションと双璧をなしていたんですよ。


ピンクの花柄ワンピに勝るとも劣らない人気があったんです〈あくまで私の周りでは〉


まぁ、「エビちゃんOL」にしろ「スカート×デニムの謎ファッション」にしろ、結局はめまぐるしい流行の波に飲み込まれ、いつの間にか廃れていく運命なわけですが……


それでも時代時代のトレンドをおさえ、引っ張り、乗りこなすのが女子大生の醍醐味というもの。


そんな中……そんな中……
当時の彼氏を「運命の人゚・。*(´∀`*)。・゚+
だと信じ、「オカッパ図書館ガール」をひたすら貫き通していた私……


今の「マッシュボブ」とかとも全然違うぜ!!
だって当時、おかっぱなんてまったく流行ってなかったからね!!



ただしこの髪型も、相当な美人でない限り難しいかと……


そんな「運命の人(´σ `) ホジホジ ( ´▽`)ノ ・ ポイッ」にアッサリ振られ、気づいたときには20代半ば……


ピンクのワンピも、チャラキラしたヘアカラーも許されない社会人……
〈通勤用の服と休日用の服を分ける経済力などnothing! オフコースnothing!! yeah!!! 〉


ちなみに30過ぎるとね、仕事とか関係なく単純に流行を追うこと自体、気が引けてきちゃうからね!!


何をするにしてもまず、最優先事項は「イタイおばさんだと思われないかな? 」になってきちゃうんだからね!!

だからね。
だからね……


だから……ね……


─────────────────────────


だからね。


私は今、猛烈に後悔している……


2016年現在、羨ましくも若い時代を謳歌されている方々におかれましては、男性の意見に左右されることなく、是非とも「自分の好きな格好」「今しかできない格好」を楽しまれますよう……


……そうして女ウケ街道突っ走った結果、彼氏ができなくても責任は負いかねますが(笑)!!!!


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


絵日記 ブログランキングへ