読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー不美人の哀れな美容事情

残念なアラサーの、残念な美容体験談。

強迫性障害の話。「やらなやらなー」っていう自分ルールがしんどくなってしまうとき

今回は病気の話です。
こういう話をちょいちょい書きますが、普段はただのアホなブログですし、今後もそれは変わりません。


ただ、病気カテゴリーの話は読んでいて面白いものではないと思います。
ご注意ください。


はじめに

人間、普通に生きていれば持病の1つや2つは誰にでもあって、私だけが特別とか、そんなことは絶対にありえへんと思っています。


最初から病気を全面に出して、そのことを綴るためのブログを立ち上げているならまったく問題ないし、むしろその病気のことを知りたい方が読者になると思います。


やからそこでは病気の話をすることがむしろ求められているわけで。


でも私の場合、そのことをオープンにせずにこのブログを始めました。
病気の話をまったく求めていない方が毎日読みに来てくださっています。


それやのに、急に病気の話をするのはなんだか違うような気がして。
ずっと躊躇していました。


けど、毎日こうして自分の日常を書いていくうえで、やっぱりこれ以上は隠しきれへんなぁと感じ始めました。


肌が荒れたくらいでここまでビビり、1年以上もそのことを引きずるのは、普通ではありませんよね。


実はこれ、私の「強迫性障害」のせいです。
私は摂食障害の他に、強迫性障害パニック障害を経験しました。


摂食障害に苦しんでおられる方の中には、同じように強迫性障害にも悩まされている方が多いように感じるのは、私の気のせいでしょうか(医学に詳しいわけではないので、根拠は全くありません。ド素人の浅い考えです。申し訳ありません…)


摂食も強迫もパニックも、ほんまに色々々々々々々々々々々々ありすぎて。


「いっぺんに書こうとしようもんなら、もう一生日本語を組み立てる気力すらなくなるのではないか」というくらいにうんざりしそうなので、どれも小出しでちょこちょこ書いていきます。


カテゴリーを分けておきますので、同じ病気をお待ちの方そのご家族、そして、「どんな病気なんやろ? 」と少しでも興味を持たれた方に読んでいただけると幸いです。


強迫性障害とは〜私の場合〜

あることにこだわり始めると止まらんくて、ほんのちょっとしたことにも不安になってしまいます。


しかもそれだけではなく、「大丈夫やんな? 大丈夫やんな? 」と、何度も何度も何度も何度も何度も…∞


確認してしまうねんな。


時には、周りの人を巻き込んだ確認行為が始まることもあります。


症状の酷い頃は、その確認行為に1日の大半を費やしててん。
病気がかなり良くなってきた最近ではそんなこともほぼなくなったんですけど。


確認行為をしていない時もずーーーーーっっっっと、頭の中で「アレやったやんな? 忘れてないよな? 失敗してないよな? 」と、四六時中頭の中がグルグルグルグルしてしまっててん。


そりゃもう、ほんまに、四六時中。


なんかな、例えるなら私の中に、現実世界と強迫世界(と、私は呼んでいます)、この2つの世界があるような感じ。


私はずっと強迫世界の中で生きていて、現実世界は同時進行しているまったくの別世界。


あくまで、私の中でのメインは強迫世界。


家族と喧嘩した時も、入試に合格した時も、就職が決まった時も、待ちに待った結婚式も、大切な人のお葬式も。


どんなに嬉しいことも、どんなに悲しいことも、どこかずっと上の空でした。


人生の特別な節目だけじゃないねん。
何気ない日常も含めて、ずっとずっとずっと。


私だって、喜びも悲しみも怒りも、しっかりと全身で味わいたいです。表現したいです。


でも、いつもこの現実世界におる私は、半分の私やねん。
残り半分の私は、強迫世界におるから。


今、この現実世界で、学校に行ったり、会社に行ったり、誰かと話したりしている私は、半分の私。


残りの半分は、同時進行で1秒も休みなく、強迫性障害から来る確認行為に取り憑かれていました。



真ん中の直線がガタッとなっても無視する私ってチャーミングでしょ♡


「それなら私は、私の人生を半分しか生きていなかったことになるんやなぁ」


そう気づいた時……こんな人生、もう限界やと思いました。


発症のきっかけ

初めて自分の強迫的な確認行為に気がつき、息苦しいと感じたのは、小学6年生の時やったと記憶しています。


これは、摂食障害を起こした時期とも重なります。
私の場合、この後19年もの間、この2つの厄介者(+のちにパニック障害)と人生を共にすることになってんな。


その頃、私はクラスから孤立していました。
全然そんな、イジメとか深刻なもんでも大げさなもんでもないんやけど。


まぁ、ちょっと悪さを覚えた小学校高学年くらいの年齢によくありがちな話やねんけど、学校にこっそりお菓子を持ってくることが流行っててんな。


でも、クラスでたった1人だけ…
私だけは、持って行かへんかってん。


いや、決して優等生やったとか、そういうわけではないんです。


12歳にしてすでにダイエット依存にハマりかけていた私にとっては、お菓子は「制限すべきもの」になっててんな。
やから、持って行きたくても持って行くことが出来ませんでした。

イヤな小学生やろ(笑)


ところがある日、休み時間にみんながお菓子を食べていることが先生にバレて、問題になりました。


定番の学級会が開かれんねんな(笑)


これまた定番の「顔を伏せて手を挙げてください」的なものも行われてんな(笑)


「この中で、『私はお菓子を持ってきてないよー』って人、手挙げてみー?」


揃って机におでこをくっつけているクラス全員に向かって、そう呼びかける先生。


そんな中、私は………


……バカ正直に挙手してしまいました……


アホやろ!
そこは空気読めや!!
アンタそれバレたらハブられるで!!!


今となってはそう思えますが、当時はそこまで先を読む能力がありませんでした。


そういうのって、いくら先生が内緒にしたってなぜかバレんのにな。


案の定私が1人責任逃れをしたことはどこからともなくみんなに知れ渡り、主に女子から反感を買ってしまい。


居場所を失った私は、そのまま地域の公立中学に進学するのが怖くなりました。
お得意の「イヤなことからは即逃亡」スキルを存分に発揮し、私立中学を目指すことに決めて密かにガリ勉するようになってんな。


結局、その希望はあっさり親に却下され、受験することすら叶わず公立に進学することになったんですけど……


さもありなんやわ。
ごく一般的なサラリーマン家庭の小学生が勝手に私立目指すとか、ほんまアホちゃうかと思います。


まぁそれはどうでもええんやけど、その勉強中、自分の様子が少しおかしいことに気がついてん。


いつの間にか、勉強をしてない時にも、公式や暗記項目が頭の中をグルグルと回るようになってん。


手が空いた時間に、さっと頭の中で復習する程度なら、まったく問題ないと思うねんけど………私は何かが違ってん。


「ああして、そうして、こうやった。その時、ああやった。あれもした、これもした。そやから大丈夫! 絶対大丈夫! 」


こんな自分流の細かいチェック項目と厳しい行動ルールを決めて。
ルーティーン化した思考パターンを作り上げて。


そして、そのルーティーンを一通り頭の中で済まさんことには、次の行動に移ることができへんようになってしまいました。


その時にやるべきことを犠牲にしてまで。
とにかくあらゆる動作を止めて。
その場に立ち尽くして、耳を塞いで目を閉じて。


回数や順番を間違えたら、また最初からやり直しやねん。
途中で邪魔が入ると、猛烈にイライラしてたなぁ。


発症、その後

それ以降、鍵の確認、不潔恐怖など、時期によって形を変えながらも、ずっと強迫行為から逃れることができませんでした。


今まで、摂食障害の症状も良くなったり悪くなったりを繰り返してきてんけど、摂食の症状が和らいだときには、例外なく他の強迫行為が酷くなっててんな。


つまり、私の場合、摂食障害強迫性障害の症状の一種で、摂食障害が良くなっているわけではなく、その時たまたま他の強迫行為へと意識が向いてるだけやってん(繰り返しますが、あくまで「私の場合」です)。


摂食障害については薄々「もしかして」と感じ初めてはいたものの、まさか自分のこの確認行為が病気から来ているとは思わず…


24歳くらいまで騙し騙し過ごしててんけど、ひょんなことから会社の産業医の精神科で受診して、「摂食障害」と「パニック障害」、それから「強迫性障害」という3つの診断を受けることになりました。


私の一番根っこにあるのは「強迫性障害」。


これがあるから、摂食障害やパニック症状が若干収まる時期が何回かあっても、結局は根本解決に至らへんかったんやと。


医師からそう指摘された時は、目からウロコでした。


もちろん、摂食障害にもしっかりと向き合わなあかん。
けれど、同時に、強迫的になりやすい考え方そのものをどうにかせなあかん。


そういうことやってんな。


今現在。まとめ

今はすべての症状が、ほぼ完治に近づいています。
強いて言うなら、強迫性障害がまだちょっと残っているかもな。
でも、摂食障害パニック障害が顔を出すことはこの先もうないと思います。


これ以上書くとキリがないのでこれで終わりますが、ダイエット依存の話、摂食障害パニック障害克服の話、その後の体型維持についてなども、今後ちょいちょい書いていけたらと考えています。


長文を読んでくださった方、貴重なお時間を割いていただき、本当にありがとうございました。


にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ
にほんブログ村