読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー不美人の哀れな美容事情

残念なアラサーの、残念な美容体験談。

ペーパードライバーの憂鬱

あるある どうでもええわ


突然ですが、私ペーパードライバーなんです。
私の運転センスの乏しさと言ったらそりゃもう飛ぶ鳥落とす勢いで(その言葉選び、おそらく間違ってますよー)


自動車学校に通っている最中も



【先生】
ちょ……と……大きめに回ろうか……
僕と植木がドキドキしちゃうからね……


どうやら左折の際、小回りしすぎて路肩の植え込みスレスレだったらしいです。


昨日に引き続き、出ました「ユーキャン新語・流行語大賞2005」!!!
「僕と植木がドキドキする」!!!
ジャーーーン★★★


なんとか免許をGETした後も




「この大バカドアホがっっっ!!!! コレがこーでアレがあーで…」

「うるさいっ! 頼むからちょっと黙っとってくれっ! 」


「大バカドアホ」って日本語、初めて聞いたんですけど……
帰宅後車庫入れの際、実家の駐車場を崩壊させました。キズつけたとかじゃないですよ崩壊ですよ。


「大バカドアホ」。その通りでございました。


けどさ、私ほどヒドイ人はめったにおらんにしても、


初ドライブの相手にうっかり身内を選んでしまうと、お互い遠慮がないせいか、高頻度で喧嘩になりませんか?


これはあるあるだと思うんですけどどうでしょう?


このとき、確か30分くらいかけて駅前の図書館に行ったと記憶しておりますが……


「いっそのこと歩いて行った方がラクなんちゃうか」と思うくらいメンタルやられました。


私が免許を取ったのは就活する直前の時期だったんですが、そうこうしているうちに都市部に就職。


➡︎一人暮らし
➡︎払えるわけもない都会の駐車場代
➡︎さらに地下鉄あったら車あんまり必要ない


必然的にペーパードライバーへの道を歩むことと相成りました。


一生ゴールド免許確定YEAH!!!!!!
ゴールド免許でなくなる理由がないです。


この先、もしも運転せざるをえない状況になったときには絶対に絶対に!! 自動車学校の「ペーパードライバー講習」を受けようと心に決めています。
上手くなるまで何ヶ月でも通うつもりです。
周りに迷惑かけることだけは絶対に絶対に避けたいので。


とまぁこういう事情で、常に誰かの車の助手席に座らせていただいているわけです。


そのような分際で不平不満を垂れ流す権利なんて一切ないことは、重々承知しておりますが……



イヤ「一瞬停車できそうなトコ」って、長いドライバー経験があってこそ身につく感覚じゃないんですか……?


それとも私がおかしいんでしょうか。
大人としての常識が圧倒的に足りないんでしょうか。


イヤちゃんと考えてますよ!
めちゃめちゃ考えてますけど、


皆目見当がつかんねん……


夫になら「そんなん分かるかっ! 」って言えるんです。


けど、相手が友人やともちろんそうも行かず……
必死で自分の考える「一瞬停車できそうなトコ」を探して提案するも、やっぱり全然違ったらしく変な空気になってしまうんです。


【私】
「めっちゃごめん……また間違えてしもた……」

【友】
「なんも気にせんでええねんて〜」


ほんまにごめん。
ケーキおごるから許して。

〜全然関係ない劇場へようこそ〜


「運転すること」のプロは神的才能に恵まれていると思います。



タクシーの運転手さん……笑顔で接客しつつ、どうやってそんなクオリティの高い運転までこなしてるんですか……?


脳ミソ私の2倍詰まってるんですか……?
聖徳太子的な原理?


あと大型車両の運転手さん。
空間認識能力が人知を超えていると思います。


あぁ……
プロに限らず世の中のドライバーの皆さん……


あんたらほんまに天才やっっっ……
天才やでっっっっ!!!


にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ
にほんブログ村