読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー不美人の哀れな美容事情

残念なアラサーの、残念な美容体験談。

無気力占い★カウントダウン★ハイパー【第2弾】

どうでもええわ ギブミー女子力


皆さんこんにちは!


第2回「無気力占い★カウントダウン★ハイパー」のお時間がやってまいりました!!



いつも通りのデタラメ占いです。
ハナから本気にするつもりなどない、ユル〜イ無気力フレンドたちに、このエントリーを捧げます……


それではレッツ無気力占い❤︎


────────────────────────


「ラクをするための努力は惜しまない」


……かの有名な「健康のためなら死ねる」に通ずるものを感じる牡羊座の無気力さん!


巷で話題の「手抜き料理」「時短料理」すら億劫になる予感★


あのね。聞いて。料理研究家の人。
料理をするのがめんどくさいんじゃないの。
洗い物をするのがめんどくさいの。
誰か「鍋やタッパーはもちろん、箸も皿も洗わなくてOK」な夢のレシピを開発してくれえー!!


……ただ、叶わぬ夢を追い求めた結果とはいえ出来上がった料理を紙皿に盛り付けてしばらく放置するのはやめておいたほうがよさそう!
タレが滲んでテーブルに水たまりが発生する恐れが……


洗わなくていいよう、お皿にラップを敷き始めたらいよいよ末期です。


ツキを回復させるポイントは、凝った調味料をハナから購入しないこと★
十中八九、使いきれないからね★★


────────────────────────


どんなに楽しみな予定でも、直前になると途端にめんどくさくなる牡牛座の無気力さん!


「最近太ったなー」と薄々勘づきながらも、見て見ぬふりをするのが吉★


椅子に座った際、ついうっかり己の太ももの広がり具合を目撃して愕然としたら……


サザエさん』の登場人物の年齢設定をLet's検索♪


「愕然第2波〈タイコさん22歳〉を食らうことにより「愕然第1波〈育ち盛りの我が太もも〉の衝撃を和らげましょう。


ラッキーワードは「大器晩成」


─────────────────────────


車で移動中、急いでいるときはやたらと赤信号にひっかかるのに、稀に訪れる「止まりたいとき」〈目がかゆい、後部座席の荷物を取りたいなど〉に限って皇室パレード並みの青信号フィーバーに突入する双子座の無気力さん!


ゆで卵を作る際、ゆでている最中に殻が割れ、白身が流れ出て、まるでカチョカヴァロチーズのようなゆで卵が出来上がってしまうかも……



いちいち「割れないコツ」を調べて実行することすらめんどくさいので、この際一生カチョカヴァロ宣言!


ラッキーワードは「我が人生に一片の悔いなし」



─────────────────────────


帰宅ついでにコンビニに寄った際「ダイエットのため、お菓子を買うのはやめよう」と自分を律するも、夜中にお腹が空いてそのことを激しく後悔……


結局冷凍ご飯にレトルトカレーをしこたまかけて食べ、お菓子よりはるかにハイなカロリーを摂取してしまった蟹座の無気力さん!


たまに家の中で発見されるどの家具の部品だか分からないネジは、とりあえず放置するのがよさそう❤︎


なくしたものは、忘れたころに見つかるもの。


「ちっちゃい事は気にすんな」のワカチコな精神で、「いつのだか分からないリップクリーム」「片方なくしたと思ったからもう片方も捨てたのに、今更出てきたのかよ…的なピアス」もスルーだスルーだ!!


ラッキーワードは「知らぬが仏」


─────────────────────────


いっぱい食べる君が好き!?
ソレ、だいぶ端折ってないか!?


いっぱい食べる「細いとこ細いけど出るとこ出てる」「あくまでセクシーな肉付きであって、決して太ってはいない」「オレの許容範囲でぽっちゃりな」君が好き……だろ!?


……とお怒りの獅子座の無気力さん!


レストランにて数品オーダーしたところ、「こちら、女性にはかなり量が多めと思われますがよろしいですか? 」と店員さんに確認されてしまい、ちょっぴり虚しい気分になりそう……


ええ。
以前来たことあるから知ってます……
余裕でした……
私、女性じゃないのかな……(笑)


そんな言葉はぐっと飲み込んで、あたかも「今日お昼抜きだったからさー〈ウソだけど〉」的な顔でしれっと平らげるのが吉★


「女性=少食」という固定観念にとらわれることなく、すべての人が生きやすい時代の到来を夢見て……(笑)




─────────────────────────


「割り箸を割るとき、キレイに半分に割れたら両思い、片寄ってしまったら片思い」というジンクスをいまだに信じている乙女座の無気力さん!


純粋な乙女心を持ち続けながらも空腹には勝てないあなたは、オムライスにケチャップで好きな人の名前を書き、残さず食べるのが吉。


そう。
消しゴムに好きな人の名前を書いて使い切る、あの懐かしいおまじないのように。


さらに運気をアップさせるおまじないは、休日に万歩計をつけること!


もし1日の歩数を100歩以内に収めることができれば、大好きなカレから告白されちゃうかも❤︎
意識的にダラダラした休日を心がけましょう❤︎❤︎


─────────────────────────


シャンプーしようと思ったのにうっかりリンスを手のひらに出してしまい、洗い流すのも勿体無いのでとりあえずシャンプーの間ヒザの上に乗せておくことを試みた天秤座の無気力さん!


結局シャンプーをすすぐ際にリンスも洗い流され、後には妙にヌルヌルしたヒザだけが残される予感。


湯船に浸かったはいいものの、上がるのが面倒……
そんなときは、のぼせ気味の体をなんとか奮い立たせ、Let'sラッキータイム★


たくさん汗をかいた分、体重が減っているかも❤︎


期待を込めて体重計に乗りましょう〈半身浴のあとって、体重を量りたくなりませんか? 〉!!



────────────────────────


去年の冬は一体何を着ていたのか、まったく思い出せない蠍座の無気力さん!


本格的な冬の訪れを感じ、長年愛用しているダウンジャケットを出したものの、どうしてもフードについていたはずの取り外し式ファーが見当たらない予感……



大丈夫。
ファーなんかなくたって、ダウンは今年もしっかりとその役割を果たしてくれることでしょう。


〈太ったせいで〉タイトなブーツにねじ込む戦うボディを奮い立たせ……いざ出勤です!!


……あれ!?
どうやら家の中に忘れ物をしてしまったようですよ……?
せっかく履いたブーツをいちいち脱ぐのもめんどくさい。
しかし土足は気が引ける。


OKOK。
ここはブーツを履いたまま、定番の「ハイハイ歩き」で取りに戻りましょう★


─────────────────────────


両手にいくつもの荷物〈紙袋等〉をぶら下げている際、脳が混乱状態に陥り、どの指がどの荷物を支えているのか分からなくなった結果、荷物のうちの1つを下ろすだけのつもりが全部地面に落下させてしまう射手座の無気力さん!



そんな自分にイライラしたら、思い切って寝てしまうのが吉★


翌朝、夢に出てきた芸能人をテレビで見かけ、何の根拠もない親近感を抱く予感❤︎


うっかり熱いラブシーンなんかを演じてしまったせいでドギマギしたら、その芸能人をあなたの脳内恋人に任命し、ときめき溢れる1日を過ごしましょう❤︎❤︎


ラッキーワードは「ダメよっ寿明……智子を捨てて私を選ぶなんて……」


─────────────────────────


通勤靴のヒール部分がめちゃめちゃすり減っているのを、かれこれ数ヶ月間見て見ぬふりしている山羊座の無気力さん!


駅で見かける靴修理中の女子力高い系女子〈いますよね、スリッパで待機中の美人〉を横目に、みすぼらしさ全開で通勤するのが吉★


カツーンカツーンカツーンカツーン〈すり減りすぎて中の金具が出てきてしまったときのヒールの音〉!!!!


イヤ……靴の手入れなんて女子力関係なく社会人として当たり前の身だしなみですよね。
「女子力高い系」……ではなく「社会人力高い系」女子か。


ラッキーワードは「オシャレは足元から」
ああ、めんどくさい……


────────────────────────


「アレ、前髪自分で切った? 」


その瞬間、普段ニコニコしている美容師さんが垣間見せるマジな目に本気でビビる水瓶座の無気力さん!


けれど、あのときの美容師さんのマジ具合は異常です。


もちろんね、素人が下手にいじると髪型全体のバランスが崩れてしまうことはよく分かるんですよ。


かといって月2で美容院は相当めんどくさい……
そのうえ、前髪カット1000円はなかなかの出費……


ここは素直に謝って、被害の拡大を防ぎましょう!


ラッキーワードは「すみませぇん、料理してたら前髪燃えちゃってぇ」〈「切りたくないのに泣く泣く切らざるをえなかった感」を演出〉


────────────────────────


あまりにもスポーツに無頓着なため、日曜深夜の時間帯を「魔の時間」と呼んでいる魚座の無気力さん。


どこもかしこもスポーツ番組。
興味なさすぎて眠くなる……
眠すぎて、お風呂に入るのめんどくせえ……


それでもなんとか意を決してお風呂に入ったところ、上がったとたん嘘のように目が冴えてしまいそうな予感。


心地よい睡眠のため、なんとか自分を奮い立たせてお風呂場に向かったというのに……


しかし、嘆いたところで何も解決しません。
ここはひとまず明日の朝食用に買っておいたパンを前倒しで頬張り、満腹感がもたらす眠気に期待しましょう。


ラッキーワードは「腹が減っては戦はできぬ」


─────────────────────────


さて、ここでクイズです。


今日のエントリーに「めんどくさい」という言葉は何回出てきたでしょうか?


答えられたあなたはもはや「無気力さん」ではありません。
非常に優れた観察力をお持ちの方とお見受けしました。ぜひFBIの採用試験を受けてみては?


……とまぁ、クイズになるほど「めんどくさい」を連発する愛すべき無気力さんたちへ、愛を込めて……


……今日も元気に、行ってらっしゃい❤︎


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


絵日記 ブログランキングへ

行列に並ぶ際、必要以上に前へ詰めてくる人が苦手

あるある たべすぎテレビ放送

行列や
(つはもの)どもが
詰めの跡
〈季語なし〉


みなさまこんにちは。
アラサー不美人です。


私、ブログ上ではいい人ぶっているものの、実際は心が狭く腹黒いアラサー女なのでございます。


器の小ささ、ペットボトルのフタ級。


そんなこんなで本日は、そろそろ爆発しそうな「行列あるある」をひとつ……


しかし、所詮「常識」なんて曖昧なもの。
パーソナルスペースの認識は人それぞれですから、自分の基準こそが「普通」だなんて大それた主張をするつもりは毛頭ございません。


ただ、他でもない私の心のオアシス、この個人ブログにのみ吐き出すことを、どうかお許しくださいませ。


♪~♬~♪~♫~(オープニング曲)


【矢瀬田井(以下: 矢)】
みなさんこんにちは。
今週もやってまいりました『実録! オンナのホンネ24時』。


司会の「た(T)べ(B)す(S)ぎテレビ放送」アナウンサー、矢瀬田井  洋です。


昨今、頻発する「グイグイ犯罪」。


今回は、先日近所のスーパーマーケットでその「グイグイ犯罪」に巻き込まれたというアラサー不美人さん〈仮名〉にお越しいただきました。


本日は、その貴重な体験をお話しいただきます。
よろしくお願いいたします。


【不】
よろしくお願いします。



【矢】
さて、早速ですが、不美人さんが被害に遭われたときの状況を詳しくお聞かせ願えますか?


【不】
ええ。
あれはさわやかに晴れた晩秋の昼下がりでした。


私は夕飯を用意するため、普段どおり買い物に出かけていたんです。


時刻は平日のお昼すぎ、ど田舎の外れに位置するスーパーであることも相まってか、店内はガラガラでした。


ひととおり買い物を済ませ、レジへ。


レジは1レーンしか稼働しておらず、ちょうど会計中の奥様がいらっしゃったため、私は彼女の後ろに並びました。


その10秒ほど後だったでしょうか。
私は、ただならぬ違和感を感じました。


──そう。
私のすぐ後方、にわかには信じがたいほどの至近距離に、年配男性の顔面が……



【矢】
ああ。
年齢性別関係なく、いますよね。
はやる気もちを抑えきれないのか、まったく列は進んでいないのにグイグイ前に詰めてくる人。


【不】
はい。
そうなんです。


もちろん混み合った店内で長い行列を作るのは、他の通行人に多大なる迷惑をかける行為。
コンサート会場や路上に面した飲食店の行列など、むしろ詰めることが求められる場面もあるでしょう。


そのことを踏まえたうえで「よりコンパクトに並ぼう」という気遣いから前へ前へと詰めているのならば、極めて尊いお考えだと思うんです。


あくまで程よく、でしたら。


しかし、近づき方が尋常じゃない。


グイグイとくる。
グイグイと。
〈売り出し中の若手タレントかよ〉
〈ゴリ押しかよ〉
〈事務所の力かよ〉
〈頼むから学業優先してくれよ〉


その男性の吐息で私の後頭部の髪が揺れるほどに。


さらに注目すべきは、「店内がガラガラである」という点。


想像してください。
赤の他人同士であるにも関わらずそこそこ広いスーパー内でぴったりとくっつく、いい歳こいた男女の姿を。



【矢】
圧迫感がハンパないですよね。


【不】
はい。
しかしながら私は幼少のころより、「男の色気は40歳から」と考えております。


これまで好きになった男性といえば父親の友人、友人の父親〈オイ〉、担任教師、通学の際お目にかかる車掌さん……
枚挙にいとまがないのです〈もちろんいずれも片思いです〉


そんな熟男〈熟女ではなく熟男〉好きの私ですから、むしろそのセクシーな吐息はごっつぁんでございます。


ただ、3秒に1回の割合でヒジテツ、腹アタック、鞄ボンバーを食らわされてはたまったものではありません。



【矢】
それはそれは、たいそうお気の毒なことで……


【不】
ご心配いただかなくとも、列が進めばそれに合わせてきちんと歩みを進めるよう、常に前方を注視しております。


物理的な距離を詰めたところで、行列の人数が減らない限り自分の順番が早まることなどありえないのですから……


ぜひその辺りをご理解いただき……
……せめてあと数十センチで結構です。
ほんの少し後方へお下がりいただけると、今回のような悲劇は防げるのではないかと……


今後、私のような思いをする方が1人でも減ることを、心の底から祈っています。



♫~♪~♫~♬~(エンディング曲)

 
【矢】
さて、残念ながらそろそろ放送終了のお時間が近づいてまいりました。


ひとりひとりの心がけで、安心感溢れる行列ライフを──
この国の明るい未来を願ってやまないアラサー不美人さんの、勇気ある告白でした。


 アラサー不美人さん、本日は誠にありがとうございました。

 
【不】
ありがとうございました。



というわけで、私の「グイグイ来る人対応」5段活用!!


そっちがその気ならこっちも【動かない】

そのただならぬ圧迫感に耐えかねて、半歩前に出たりなんかしない。
どうせまた、半歩分前へ詰められるのがオチだから。

隣のレジが空いたら光の速さで【動きます】

店員さんが「2番目のお客様どうぞー」とおっしゃっているのを横目に、3番目のアナタが2番目になりすますなんて許さない。


何食わぬ顔で隣に向かおうとしたその仕草、私は見逃さなかったぜ!!

行列が進めばもちろん素直に【動く】

とはいえ私も大人なのでね。
たとえ腹立たしい相手であったとしても、不必要な嫌がらせはいたしませんよ。

【動くとき】、一瞬…

この圧迫感から逃れられるのでは……と淡い期待を抱く。
期待しちゃダメだ。期待なんかしちゃダメなんだけど……

【動けば】、やはり…

案の定、進んだ分以上にジリジリ詰められる(T_T)

いよいよ真横につけてきやがった。頼むから後ろへ【動け! 】


……私もたいがい性格悪いな。
このときのおじさまにも、おじさまなりの事情があったかもしれないのにね。


私の後ろ姿が、昔の恋人に似ていたとか……


♬田舎のイ◯ン、食品売り場、♪
♪こんなとこにいるはずもないのに……♬


切ないねぇ。


とまぁ、己の心根の卑しさを実感したところで、本日のエントリーは終了です!!!


ご清聴ありがとうございました。


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


絵日記ランキングへ

私的★冬服の悩みベスト6

あるある ギブミー女子力


年々厳しさを増す、冬の寒さ──
冷えと闘う現代人を救う、愛と正義の防寒服美少女戦士、ここに見参よ!!!



しかし彼女らにもカバーしきれないほど、アラサー女〈私〉の欲望は果てしなく……


本日は、私的「防寒服美少女戦士」の主要メンバー5人に対する不満点をお伝えします!!


本家セーラー戦士の決めゼリフとともにお楽しみくださいませ❤︎❤︎


【月に代わってお仕置きよ! マフラー★

おろした髪、出す? 入れる?

入れると……
後頭部が修復不可能なほどグッシャグシャにからまります。

「もはや切るしかねえのか」と本気で思うほどに。


かといって、出してしまうと……顔デカ感倍増。
「今日のコーデのポイントは、広大な敷地面積を誇るこの頭部ですっ!! 」てくらいに、私のデカ頭が主張しまくってきます。

もうね。
ちょっとした山。

親戚のおじさんが田舎に持ってる「今年もタケノコ狩りできるよー」くらいの山。


あ〜あ。
でもまとめ髪にすると寒いしなぁ……


【水でもかぶって反省しなさい! 手袋★

手袋を着用した直後、なぜか決まって外したくなる機会が訪れますスマホに電話の着信がある、顔にまつげがつく、何かしら細かい作業を余儀なくされる等〉


しかーし。
それを見越して手袋を我慢しているときに限って、そんな機会は一向に訪れません。


ですよねですよね。
そうなりますよね。


……寒い中地味に耐えたのになぁ……
これって、


「洗車した翌日に限って雨が降る」
「雨の予報に従って洗車控えたら、結局降らない」


っていうイライラに似ていると思いませんか〈異論、反論は受け付けます〉


さらに革の手袋が去年よりキツくなっていることから、自分が太ったことを実感〈太るときって手足にもしっかり肉付きますよね……〉


ちなみに昨年愛用していた私のボーイフレンドデニム君は、どうやら今年スキニーデニムへと転職されたようです。
「エン転職」で。
もしくは「マイナビ転職」で。


……1年前はブカブカだったはずなのに、久々に履いたらピチピチピッチになっていましたとさ。


ところで……
[太ったことを実感する瞬間ベスト3]
① 食事の際、口の内側の肉を噛む
② 衣類がキツイ
③ 写真写り


【火星に代わって折檻よ! 厚着★

着膨れしすぎて体全体がゴワゴワ。

ヒドイときには肩がけバッグの持ち手に腕が通りづらくなるほど……

さらにひどいと、つり革すら掴めなくなります
〈リアル雪だるまかよ〉
〈むしろ「歩くかまくら」かよ〉
さっぽろ雪まつりの新作かよ〉
〈そこそこ大がかりな力作かよ〉


【しびれるくらい後悔させるよ! 裏起毛タイツ★

皆さんご存知の通り保温性に関しては折り紙付きなわけですが、どうにも脚が太く見える気がして……
120デニール〜の分厚いタイツも然り。


数ミリの差って、切実ですよね!!!


しかし先日ヒートテックシリーズからタイツが発売されていることを知り、いつになく購買意欲をかき立てられております……


ちなみに忘年会が多いこの季節。
お座敷で靴を脱ぎ、タイツの穴を発見したときは、だいたいの場合こう⤵︎⤵︎すりゃイケますよね。



【愛の天罰、落とさせていただきます! コート★

うっかりジャストサイズを選んでしまうと、コートの下にガッツリ着込むことが困難に。


真冬の極寒時はハラハラドキドキです。
なにしろ「コートを脱いだら無駄に薄着」というギリギリの状態ですからね。


けれど、いつもよりワンサイズ小さめが着られるのなら、ついついそちらを購入したくなるのが女心というものです……


だってさー、
店員さんが「シルエットがキレーイ❤︎ 」とかおだててくれるもんだからさー……


……と、華麗なる責任転嫁を決め込んでみる。


というか……よく考えたら「シルエットがキレイ」って、単に自社製品を自画自賛しているだけですよね。
私、何1つ褒められていませんよね。


【最後にも一度、ムーン・ティアラ・アクション! マフラー★

寒いからって顔までぐるぐる巻きにすると、マフラーにグロスがベッタリ付きます……
アゴ周りの化粧もガッツリ落ちます……


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


絵日記ランキングへ

旅行あるある★心理テスト

あるある どうでもええわ

皆さんこんにちは!


今回は「私的旅行あるある」を詰め込んだ「旅行あるある★心理テスト」をお送りします〈「私的」とか言っている時点で、この心理テストの信憑性は皆無〉!!


「心理テスト要素なんか、まったく求めていないよー」という方、「ペラッペラな内容が大好物だよー」という方〈そもそも、果たしてそんな方が「心理テスト」と題した文章を読むのだろうか……〉のみ、お読みください❤︎


それではレッツ診断❤︎❤︎


【質問】

デートも終わりに近づいたころ、大切な恋人があなたに花束をプレゼントしてくれました。
それはどんな種類の花だったでしょうか?


① 豪華な赤い薔薇
② 可憐な白薔薇
③ 大輪のユリ
④ 清楚なコスモス
⑤ 控えめなかすみ草
⑥ 華やかなヒマワリ
⑦ 可愛いチューリップ
⑧ 神秘的なガーベラ


それでは結果発表〈カンペキ嘘っぱち〉!!!
⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎


【①を選んだアナタ】

遠足、社会見学、修学旅行。


前々から楽しみにしていた「ここぞ」というイベント時に限って、なぜか毎回体調を崩してしまう……そんなアナタ!



楽しそうに出かける仲間を横目に、自宅やホテルへの引きこもりを余儀なくされれば、誰だってやさぐれてしまうことでしょう。
気持ちは痛いほど分かります。


けれど、必要以上に外出を恐れてしまっては「出不精」、ひいては「デブ症〈引きこもり癖が招いた悲劇〉になってしまいかねません。


懲りずに次回の旅行計画に着手しましょう❤︎❤︎


【②を選んだアナタ】

旅先で足が痛くなるのを恐れ、コーディネートにハイヒールをとりいれることを諦めたアナタ!


急遽スニーカーやムートンブーツを選んだものの、普段ハイヒールを愛用しているせいでぺたんこ靴に合う服の持ち合わせがなく、なんともチグハグな旅ファッションが出来上がってしまうでしょう。



足元のせいでフォーマル感台無し……
かといってカジュアルスタイルにもなりきれず……


また、確かにハイヒール着用時に起こりがちな足先の痛みは解消されたものの、そのかわりとでも言うかのように太ももや股関節を襲う激痛に悩まされるでしょう。


ハイヒールは「足」が痛くなる。
ぺたんこ靴は「脚」が痛くなる。

……というジレンマ。


使う筋肉が違うのかな。
まぁハイヒールも「脚」痛くなるときあるけど。


結局どこかは痛くなる運命にあるいうことか。
それとも、私の歩き方が悪いのか。


そんな苦悩はとりあえず置いといて、次回はクロックスに挑戦してみるのが吉★


【③を選んだアナタ】

「旅の間は、とりあえずダイエットなんて忘れよう」
「普段食べられないものを食べるのも、旅行の醍醐味だし」


観光メインの中にちょっとした食のスパイスを加えるつもりが、知らず知らずのうちにタガが外れて食べ物メインの食倒れ旅になってしまいがちなアナタ!



神社仏閣の閉館時間よりもカフェのラストオーダー時間を意識しながら行動している自分に気付いたら、いっそのこと開き直って「旅行中に体重3キロアップ」という新たな目標を定め、その達成のために努力しましょう!!


「自分探しの旅」という言葉があるように、旅とは人間を一回り大きくさせるものです。


精神的に成長すれば体も同様に成長するのが自然の摂理というもの。
増えた3キロ分は、思い出や経験の重みだと割り切りましょう。


【④を選んだアナタ】

「旅行なら終電時間を気にせず目一杯楽しめる! 」
「豪華なホテルを堪能しながら深夜まで起きていよう! 」


そう心に決めるものの、結局毎回いつになく早寝をしてしまうアナタ!



普段、家でダラダラしているときなどは逆にいつの間にか夜更かししてしまっているというのに、一体なぜ……?


……疲れのせい?
イヤイヤ、激務をこなして帰宅した夜の方が、よっぽど疲れているはずなのに。


せっかくの非日常空間であるにも関わらず、なんだか色々もったいないことをしてしまった感を拭い去ることは出来ませんが……それもまた人生。


人生とは、無駄の連続なのです。


【⑤を選んだアナタ】

旅とは、時として人間の本性を暴いてしまうものです。


スケジュールが思い通りにならずにイライラしたり、疲れから同行者に対して邪険な態度をとってしまったり……


どちらかというと悪い意味で、相手の「ウラの顔」を目撃してしまいがちなアナタ。


ですから、旅行は「すでに何もかも知り尽くした大親友」や「付き合いの長い恋人」「普段から生活を共にしている配偶者」などと行くに限ります。



次点は家族。
遠慮がない分喧嘩になりやすいというデメリットもありますが、なんだかんだ関係の修復も早いでしょう。


付き合いの浅い友達、恋人は非常に危険です。
アナタがよっぽど社交的であったり、人付き合いが大好きでない限り、手を出さないよう心がけた方が無難でしょう。


まぁアレです。
気がラクなのは一人旅ってことです。
基本単独行動。Yeah!


【⑥を選んだアナタ】

「思い出をカタチにする」のが得意なアナタ。
旅行のたび、写真を撮るのに必死になっていることでしょう。


しかし後になって冷静に思い返すと、景色を眺めていたのか、はたまたスマホ画面を眺めていたのか、自分でもよく分からなくなってしまいます。



せっかく貴重な出来事が、目の前で繰り広げられているというのに……


結局ほとんど肉眼で見ることのなかった事実に後悔はありませんか?


で、肝心の写真の出来上がりもイマイチで、ガッカリ感は増すばかりです。


特に「エレクトリカルパレードbyデ◯ズニー」などで起こりがち。


是非とも気をつけたいところです。


【⑦を選んだアナタ】

普段、ルーティーンを大切にしながら生活しているアナタ。


しかしルーティナー〈ルーティーンを大切にしている人=ルーティナー。今勝手に作った〉とは、得てしてイレギュラーに弱いもの。


いつもと違った状況に戸惑い、思わぬ失敗を繰り返してしまうことも多そう。


例えば、化粧の加減。


普段自然光や蛍光灯の下でメイクをしている人にとって、ビジネスホテルのぼんやりとした暖色系の照明でのメイクは至難の技です。


また、蛍光灯を求めてユニットバスの落ち着かない洗面所を使った結果、普段のテクニックを存分に発揮することができない場合もあるでしょう〈例 : 眉メイク、アイシャドウの絶妙なグラデーションなど〉


メイク完成時には「完璧★ 」と思っていても、外の鏡を見て「アラびっくり……」という経験も少なくないのでは?



ホテル備え付けのシャンプーを使って髪もゴワゴワ。
さらに海外だと、水が合わずに肌もゴワゴワ……


という事態も。


もういい歳です。
そろそろ学んで、愛用しているシャンプーを持参するようにしましょう。


【⑧を選んだアナタ】

のんびり屋のアナタ。



「あまり早く買いすぎると荷物になるから」と思い、お土産を買うタイミングをついつい後回しにしがち。


結局毎回、帰る直前に慌ててお土産を選ぶ羽目になっていませんか?


時間がないせいで、品物選びもついつい雑に……


調子に乗って、事前に「お土産何がいい? 」とか何とか友人に聞いて回った自分を呪います。


1人1人の希望にあったモノを選ぶ余裕など、到底あるはずもない……といった事態に陥りがちでしょう。


─────────────────────────


ちなみに冒頭でも述べましたが①〜⑧、すべて私のことであります!


「全然あるあるじゃねーわ」とお怒りの方、誠に申し訳ございませんでした……


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


絵日記 ブログランキングへ

肌荒れについて【肌トラブルって、本当にツライですよね…】

肌よ・・・! たべすぎテレビ放送

♪~♬~♪~♫~(オープニング曲)


【矢瀬田井(以下: 矢)】
みなさんこんにちは。
ダイエッターの生態を解明する『クローズアップ現ダイエット』。


司会の「た(Tべ(B)す(S)ぎテレビ放送」アナウンサー、矢瀬田井  洋です。


今回は特別編。
現代人を悩ませるという点では「ダイエット」と双璧をなす、「スキンケア」にスポットを当ててみたいと思います。


昨年ひどい肌荒れを経験されたという30代女性、アラサー不美人さん〈仮名〉にお越しいただきました。


よろしくお願いします。


【アラサー不美人(以下 : 不)】
よろしくお願いします。



【矢】
さて、それでは早速、不美人さんの肌荒れヒストリーについて詳しく伺いたいと思います。


【不】
はい。
子どものころから紫外線アレルギーがあり、その点ではかなり苦労したものの、肌そのものに関しては化粧品にかぶれたりすることもめったになく、平穏なスキンケアライフを送っていました。


敏感肌ではあったものの、人一倍恵まれた肌質だったと思います〈「人一倍」って……「人」の人生を経験したことなんてないクセに、なにを根拠に「倍」だと言えるのかは謎ですけど……めっちゃ小さく「当社比」て書いてあるパターンのヤツですね。ええ(笑)〉


しかし、生誕30周年記念祭〈アイドルを気取るな〉を迎えた昨年、大規模な肌荒れを経験しました。


肌の悩みって、「今すぐ命に関わる」とかではない分、なかなか大っぴらにはしにくいのですが……


……実際我が身に降りかかるとそれはもう、「この先生きて行くのがしんどい」と心の底から思ってしまうほどに苦しかったです。


大げさだと世間に笑われようが、そのときの私にとっては人生最大の絶望でしたね。


小5風に言うと「てぃらり〜鼻から牛乳〜」
就活風に言うと「お祈り申し上げます」
財前五郎風に言うと「恥じる」「完」
あみだ風に言うと

もはや「言って」ねぇ。


まぁ要は言葉にならないほどの絶望ということが言いたいわけです。


漢方、敏感肌用化粧品、サプリ、様々な美容法……思いつくものは手当たり次第試しました。


また、その他にもセカンドオピニオン、サードオピニオンを求めて皮膚科を転々としましたね。


相当のお金を使ったけれど、治るどころか肌荒れの原因すら分からなくて。


財前五郎を引き合いに出しておいてこういうことを言うのもアレですが、「医者なんてまったく信用ならねぇ! 全員ウソつきじゃねえか! 」と思いましたね。


ただ、これは後で知ったことなのですが、一般的に湿疹の直接的な原因というのは、熟練の医師でも突き止めることが困難なようです。


それまでほとんど肌荒れに悩んだことのない私自身の無知というより他ありません。
診ていただいたお医者様方、その節は大変失礼いたしました。


今冷静になって考えると、おそらくコレといった原因があったわけではなく、そのときの気候やストレス、体調やホルモン変化など、不幸にも様々な要因が重なった結果だったのではないかと……


【矢】
そのツライ状況下、まずどのような行動をとられましたか?


【不】
そうですね。
危機に直面した大多数の現代人がそうするように、私もネット検索の奴隷と化しました。



Yahoo◯〈「!」を伏字にしても意味ねえ(笑)〉検索履歴は「肌荒れ 原因」「湿疹 治療法」など肌関連のワードに占拠されましたが、いろいろな事例を知れば知るほど、不安は募るばかり。


【矢】
知識が仇となることというのは、往々にしてありますよね。


【不】
ええ。
冷静に情報を整理し、受け止めることのできる方には「調べること」がプラスに働くでしょう。


しかしその反面、私のようにピンチが訪れると冷静さを失い、パニックに陥るような人種とっては、あまり良い方法とは言えなかったようです。


苛立ちが募り、幾度となくiPhone画面上ボタンを押し間違える自らの太い指にすら八つ当たりを繰り返しましたね〈……「コレ小すぎへん? 」ていうボタン、たまにありますよね(笑)イヤ……まさか……私の指が規格外に太いのか……!? みんな、そんなに指細いのか……!? 〉


ストレスから夜中にロールケーキをモリモリ一本食いしてしまったり〈季節外れの恵方巻きかよ〉、ガラにもなく小田和正氏の名曲を流しながら月を眺めたりすることもしばしば……


【矢】
想定外の災難とは、時として人の性格すら変えてしまうという事実は、私も身にしみて感じます。


私も先日浮気がバレた際、温厚なはずの妻が豹変した姿を目撃したばかりですので……


【不】
………。


【矢】
さて、今現在私が拝見したところ目立った肌荒れは見られないようですが、具体的にはどのような解決方法を採られたのでしょうか?


【不】
実は大規模な肌荒れを経験してからというもの、以前と比べて肌質がかなり変わってしまったというのが正直なところです。


化粧品を変えただけでかぶれたり、少しの体調変化でも真っ赤に腫れ上がってしまうようになりました。


ですから、肌荒れする前のように気軽に新作の化粧品を試したり、流行りのメイクを楽しんだりといったことはもう出来ません。


また、メンタル面でもあのときのトラウマが残り、以前であれば気にも留めなかったような肌の変化にも一喜一憂してしまうようになりました。


その結果、肌荒れに対する恐怖心が必要以上に大きくなってしまったこともまた事実。
今もまだ、あまり化粧が出来ていない状態です。


「三十路以上がファンデーションも塗らないなんて! 」という厳しいご意見に対してはスライディング土下座でお詫びするより他ないのですが、やはり優先すべきは自分の肌と心の健康。


アンチエイジング」「女子力アップ」等、日々激しさを増す現代美容界の荒波を、日焼け止めとポイントメイクだけでなんとかかんとかサーフィンしております。



いと物足りなく、味気なしかな
【現代語訳】私だってハロウィンでゾンビになったりしてみたいぜバーロー!!


【矢】
なるほど。
今回の経験を通して得たものはありますか?


【不】
はい。
約1年半ひどい肌荒れを繰り返す中で、自分なりの「肌を安定させる秘訣」を見出せたことでしょうか。


私の場合、その秘訣とは「何は無くとも保湿」です。


あみだに例えると、こんな感じですね。

あみだはもうええねんて。


もちろん個人差はあります。
保湿をしない「肌断食」が功を奏す方もたくさんいらっしゃいますから。


ただ、私の肌に足りなかったのは確実に「保湿」。


「何もできることはない」と困り顔の皮膚科医に食い下がり、無理やり出してもらった軟膏──それを塗って一時期肌荒れが収まっていたのですが、私の場合、実はその軟膏でなくとも、単なる保湿剤で同じ効果が得られたのです。


「肌の状態が快方に向かったのは、薬の主成分のおかげではない。薬を薄めるために混ぜられた保湿剤の効果だったのだ」と気づくのに、かなりの時間を要しました。


【矢】
不美人さんにとって、保湿が何よりの薬だったということですね。


【不】
はい。
ただ、何でもかんでも保湿さえしておけばオールオッケーというわけではありません。


私自身、それまで「吹き出物ができる」という理由から避けがちだった保湿ですが、一口に「保湿」と言っても方法や内容は様々。


水分が足りない人もいれば、油分が足りない季節もある。
体調によっては両方が足りないことも、反対にいつもより保湿を控えたほうが良い時期だってあるかもしれない。


「保湿が大切」というよりは、「そのときの自分の状態に合った保湿との付き合い方を見極めることが大切」といった表現の方が正確かもしれません。


私の場合、基本は「たっぷりの化粧水と少しのオイル」。
使用量を微妙に増減させながら、その日の肌の様子をしっかり観察することがコツのようです。


ここにたどり着くまでには、化粧水を塗るどころか、水で洗顔するだけでかぶれてしまう時期もありました。


合う化粧品。
肌荒れ改善効果ある食べ物。
即効性のある薬。
斬新な美容法。


それらを求めるあまり、連日百貨店を巡ったり、お取り寄せしまくったり、病院に通ったり、本屋に入り浸ったり……


そんな先の見えない戦いに、自暴自棄になったこともありました。


しかし1年半試行錯誤した結果、三十路過ぎのこのタイミングでなんとか自分に合う方法、そして化粧品〈結局安い化粧水とオイルだった(笑)〉を探し出し、自分が肌荒れしやすい条件や傾向も掴むことができた。


その意味で、あの苦しみは無意味ではなかったのだと感じています。


今でも調子に乗って過剰に保湿を行うと吹き出物が大量発生しますが、そこは何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」。


コレはダイエットにも言えることですが、「コレさえやっときゃ、誰でもいつでも万事解決! 」なんて方法は存在しないのだと思います。


その人、そのときにあった方法を見極め、極端に振れることなく、柔軟に、ほどほどに。


今後も波があるとは思いますが、


「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」


この言葉を胸に、これからも力強く生きていきたいです。


【矢】
なんの取り柄もない32歳の一般人、アラサー不美人さん。
「魔女」という選ばれし存在の13歳、キキの名言をいけしゃあしゃあと引用できるその神経の図太さを武器に、これからも頑張ってください。



今年の冬は乾燥がひどく、肌荒れに悩まされている方と多いと聞きます。
皆さん、ご自分にあったスキンケア方法を見つけ、厳しい季節を乗り越えましょうね。


本日は誠にありがとうございました。


【不】
〈シメのセリフの前半が聞き捨てならねえがとりあえず〉ありがとうございました。



【不】
オイお前、後から体育館のウラな。


【矢】
……((((;゚Д゚)))))))!!!!


────────────────────────


以下、『いいわけ』
byシャ乱Q……ではなくアラサー不美人


当たり前のことですが、ベストなスキンケア方法は人それぞれで、同じ人でも年齢や季節、体調によって変わります。
本文中には、あくまで「今の」「私の」ベストな方法について記しました。
医学や美容に関してド素人の私が、他の方法を否定するつもりは毛頭ありません。


また、長い間肌トラブルに苦しめられている方の中には「たかだか1年半前から悩んでいるだけで偉そうに……」と腹立たしく思われる方もいらっしゃるでしょう。


さらに、どうでもいいおふざけや、つまらないパロディーを連発する……そんな私のブログでデリケートな話題を扱うことで、どなたかを傷つけてしまうかもしれない。


ですからこのエントリーを書くべきか否か、とても悩みました。


しかし、肌の悩みは年齢性別問わず、誰にとっても本当にツライものです。
また、本当にツライからこそ、ネットや本から得る情報が、さらなる不安を呼んでしまうこともあると思います。
現に、私がそうでした。


だからこそ、しょうもない冗談を交えつつ、追い詰められた気分が一瞬でも紛れるような経験談を……


あのときの私と同じように、今泣きたくなるほどツライ方へ。


あなたの気持ちが、このエントリーを読んだ後、ほんの少しでもラクになりますように。


肌荒れに関しては、1つのエントリーにはまとめられないほど様々な出来事や思いがあります。


需要があれば、今後も何回かに分けて書いていきたいと考えています。


【業務連絡】
明日から旅行に出かけるため、次の更新は来週を予定しております❤︎


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


絵日記ランキングへ

女性版オフィスファッションの正解が分からない問題

どうでもええわ ギブミー女子力


注)前回に引き続き、ただのおふざけです。
真面目に読むのは時間の無駄です(笑)


アナタにぴったりのオフィスファッションは?
Let's【Yes / No診断】❤︎❤︎



「そんなに毎回、メンドクサイ診断に付き合ってられっか」という方のために「あみだくじ」もご用意しました。




【タイプ①の方】

バリキャリ系スーツスタイル

ラク度 : ★☆☆☆☆
男性ウケ度 : (._.)
世間ウケ度 : (o^-・)b グッ!

注)この「ウケ度」は私の独断と偏見で決めました。



「本日も国民から怒りの声、届いております。32歳女性、会社員の方からです」

BGM : サン=サーンス『白鳥』

ファ〜ラ〜ラ〜♪
ファ〜ラ〜ラ〜♪
ラ〜ラ〜ラ〜♬



深夜番組『マツコ&有吉の怒り新党』をご覧になってない方には意味不明ですね。スミマセン。


女性のオフィスファッションの基準が、男性に比べて明確になっていないことに怒りを感じています。


営業職や事務職の場合、「男性の仕事着=スーツ」という認識が一般的ですが、それにひきかえ女性の仕事着は社風や業務内容により多岐にわたっています。


おそらく女性の場合も、理想はこの「スーツスタイル」なのでしょう。


しかし、一般事務等、比較的カジュアルな職場の場合、かしこまりすぎて「今日はどうしたの!? 」と同僚を驚かせてしまう可能性も大です……


【タイプ②の方】

キラキラ系女子力スタイル

ラク度 : ★★☆☆☆
男性ウケ度 : (*^^*)
世間ウケ度 : (^^;;



花柄ワンピ、ひらひらブラウス、ふんわりスカート……


「通常より片栗粉多めに配合しております」くらいの勢いで、モッタリネットリ男ウケを狙ってみるのもイイかも。


ただし、職場によっては同僚からヤキモキされる危険性が……


「再び怒りの声、届いております。32歳女性、会社員の方からです」


ファ〜ラ〜ラ〜♪……



若手女性社員が、やたらとキラキラした服装で出社してくることに怒りを感じています。


それとなく注意をしようにも、男性の場合はセクハラを、女性の場合は自らが「コワイ女の先輩」と化すのを恐れてか、なかなか後輩の服装について言及することができず……


私たち中堅社員は、後進に対してどのように指針を示せばよいのでしょうか。

〈本心➡︎「ウルセーお局様」にはなりたくねーんだよぉ……という自己保身〉。


【タイプ③の方】

カジュアル系キレイめシンプルスタイル

ラク度 : ★★★★☆
男性ウケ度 : (^-^)
世間ウケ度 : (^-^)



こんなコーデに、カーデかジャケット羽織っとく。完璧❤︎


ガッチガチのお堅い職場でなければ、コレが1番無難かなーと。
休日コーデにも使い回せますしね。


この場合、登場頻度No. 1のシンプルニット。
個人差があるとは思いますが、私的に深めに開いたVネックは小顔&着痩せ効果バッチリです。


バッチリすぎて、ずっと見ていると自分の体型がゲシュタルト崩壊します。


「実は言うほど顔デカくないかも…」
「よく見たらそんなに太ってないかも」


とか何とか。


しかし、トイレの鏡で髪を整える際、隣に可愛い子が並ぶことによってそのゲシュタルト崩壊崩壊します。


ゲシュタルト崩壊崩壊。


恐るべし小顔女子の破壊力。
マカンコウサッポウ!!!

ドドーーーーン……


ダメだ……
小顔女子と私とでは、顔の面積が東京都北海道くらい違うわ……


【タイプ④の方】

攻めすぎ系流行最先端スタイル

ラク度 : ★★★☆☆
男性ウケ度 : (´・_・`)
世間ウケ度 : ∑(゚Д゚)



「風呂場の固形石鹸にくっついた髪の毛か」とツッコミを入れたくなるほどファッション誌にしぶとくまとわりつく、「キレイめデニムならオフィスにもOK❤︎ 」というフレーズ……


イヤイヤ、フツーは無理だから!


「短めスカートもタイツを履いて露出を抑えればセーフ❤︎❤︎」??


……イヤイヤイヤイヤ……


アパレルとかデザインとかさぁ。
そんなクリエイティブでオシャンティーな職場は、日本にたった数%しか存在しないんだから。


でもきっと私が知らないだけで、なにも「表参道のデザイン事務所」とかじゃなくても、微妙なラインの職場ってあるはずですよね。


キレイめデニムやミニスカートが「許されるのか? 許されないのか? どっちなんだい!? 」てラインの。


その場合、いっそのこと着てみるのもアリ。
Can○amにすべての責任を転嫁しつつ、思い切って着てみちゃう。


そして、その会社におけるカジュアルファッションの「パイオニーア〈某企業のCMっぽくどうぞ〉になってみる。


これは賭けです。
大博打。


上司には叱られるかもしれないけれど……


もしセーフなら、同じようにカジュアルファッションのセーフラインを決めかねていた一部の女性社員に感謝されるかも。


【タイプ⑤の方】

脱力系無気力スタイル

ラク度 : ★★★★★
男性ウケ度 : ((((;゚Д゚)))))))
世間ウケ度 : (´Д` )



トップスは社名入りジャンパー、ボトムスはユニクロ
足元は楽チン室内履きサンダル、腕には輪ゴム


ボトムスはスカートでもパンツでもいいのですが、基本黒で。


ロッカーにジャケットを1着置いておき、突然の来客時は「ジャンパー➡︎ジャケット」というジャニタレ顔負けの早着替えで対応します。


社名入りジャンパーのインナーはユニクロのカーディガンです。
ただし、ユニクロカーデのカブリ率についてはある程度覚悟してください。


また、うっかり室内サンダルのまま退社してしまい、気づいたときには自宅の最寄り駅だった……というハプニングもしばしばございますのでお含みおきを。


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


絵日記 ブログランキングへ

イベントシーズンを乗り切るダイエット方法❤︎【Yes / No診断】

どうでもええわ 痩せたいの


注)ただのおふざけです。
とてもくだらないです。
真面目に読むのは時間の無駄です(笑)



【タイプ① の方】

「太ると真っ先に顔から肉がつく……こんな体質が本当にイヤ……」


「歳を重ねるごとに、なんだか顔がデカくなっている気がする…… 」


そんなアナタには、とりあえずその場しのぎの現実逃避が必要です。
この際、トリックアート的手法をフル活用するっきゃありません!


今すぐiPadを顔に添えてみましょう。
あたかもiPhoneで電話をしているかのように。
するとするとあら不思議。
「ものすごい小顔の人」感を演出できます。



超小顔❤︎❤︎


世間は、アナタが持っているのはiPadではなくiPhoneであると信じこむに違いありません。


この様子を写真におさめてインスタに投稿すれば、コメント欄は「超小顔! 」「スマホより顔が小さいなんて! 」といったあなたへの賞賛で溢れかえるでしょう。


なんら根本解決にはつながりませんが、そんなこと気にしない!


終わりよければすべてよし……?
いいえ★ 今がよければすべてよし……なのDeath★★


【タイプ② の方】

「痩せたら小顔」とか「浮腫みがとれたら小顔」とかさぁ……


そんな甘っちょろいレベルじゃないんだよぉ……
私の顔デカはよぉ……


とお怒りの、 頭蓋骨的には興福寺仏頭に激似なアナタ。


コレ、他でもない私自身のことです(笑)


痩せたところでどうにもなんない。


残念ながら、こればかりはどうしようもありません。
いずれ来るであろう大顔ブームを心待ちにしつつ、今のうちにその骨格を最大限に活かすファッション研究に勤しみましょう。



タートルネックで顔デカを強調★


【タイプ③ の方】

いわゆる暴飲暴食タイプのアナタ。


飲んべえさんは
食いしん坊さんは
お正月には
からの


そうそう。
冬ならではの、コタツで行うアイスミカンなんてのも最高ですからね実際。


あ、でも甘ったるい暴アイスの後に暴ミカンすると、めちゃめちゃ酸っぱく感じるから要注意ですね。



【タイプ④ の方】

自分、いっくらダイエットしてへんから言うてな。


なんだかんだ冬の健康診断は意識してたんちゃうん。


せっかく最近シュッとしてきてたのに……
夜中にマクド買うて〈ルビ : こうて〉きてしもたら、わややわ。


そら体重も増えるわ。



……でもまぁええやん。
ちょっとでも元に戻したいからて、体重量るたびに毎回裸でいてたらサブイボ止まらへんで。


そない深刻に考えんでも、暖こうして〈ルビ : あったこうして〉ポテト〈イントネーション : ポ→テ⤴︎ト⤵︎〉でも食べて、風呂入って寝てたら明日の朝には痩せてるんちゃうん。
知らんけど。


【タイプ⑤ の方】

美意識が高く、ダイエットなど意識せずとも自然とストイックな生活を徹底できているアナタ。


エイジングにアンチするのも結構ですが、ときには己の変化を受け入れる潔さも必要です。


年末年始は、「アラサーの定義〈あるいはアラフォー、アラフィフ、アラカン……〉について考えを巡らせてみてはいかがでしょうか。


いったい何歳までがアラサーなのか……?
32歳の私は、アラサーと名乗って良いのだろうか……?


オーバーサーティー……
……オバサー?


絶妙な「オバサん」感を醸し出しつつも、カタカナ語特有の軽快さを併せ持つこの表現、いいかも。



オバサー。
うん、いいかもいいかも。


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


絵日記ランキングへ