読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー不美人の哀れな美容事情

残念なアラサーの、残念な美容体験談。

猫背女の挑戦

プロに丸投げ

【前々回記事】

猫背女の悲劇 - アラサー不美人の哀れな美容事情

【前回記事】

猫背女の救済 - アラサー不美人の哀れな美容事情

 

どうやらカイロプラクティッキード仮面は、世をしのぶ仮の姿、整体師の地場衛(仮名)として日常生活を送っているらしい。

 
 
アラサー不美人は、彼の元を訪れることに何の迷いもなかった。
 
 
予約当日。
 
 
整体院の入り口を抜けると、そこには愛しのカイロプラクティッキード仮面こと地場衛(仮名)が…
 
 
「会いに来てくれたんだね、ネコゼーラームーン…
その猫背、ラクにしてあげるよ。
僕を信じて…」
 
 
アラサー不美人は、言われるがまま、施術台の上にうつぶせになった。
 
 
はやる気持ちを抑えつつ、次の指示を待っていると…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
………ググググググッ!!!
 
 
突如、予想外の強い痛みが、アラサー不美人の肩甲骨付近を襲った。
 
 
「あだだだだだだ!!! 」
 
 
意中の男性の前で、不覚にも下品な雄叫びをあげる、アラサー不美人。
 
 
しかし、約1時間後…
 
 
「猫背&O脚矯正60分コース」が終わる頃には、アラサー不美人の背筋は心なしか少し伸び、ひどく外側に湾曲した脚は驚くほど直線的なラインへと姿を変えていた。
 
 
「O脚は1回でかなり矯正されたね。でも、猫背はまだまだ治療が必要だ。次…いつ会えるかな…」
 
 
魅惑的な笑顔でそう呟く地場衛(仮名)と次のデートの約束(もとい次回の予約)を交わし、満足げに整体院を後にしたアラサー不美人であったが…
 
 
 
 
 
…外には数台のパトカーが止まっている。
そこには、アラサー不美人の居場所を突き止めたであろう、大勢の警察官が待ち構えていた…
 
 
…………………………………………………
 
 
 
時を同じくして、アラサー不美人がパトカーに乗せられるのを窓から眺め、ほくそ笑んでいる男がいる…
 
 
 
「国民総姿勢基準(KSSK)」の認定調査員バッジを胸元に光らせたその男とは………
 
 
 
まぎれもなく、カイロプラクティッキード仮面こと地場衛(仮名)であった…
 
 
(じゃあどうして前回助けたの? というツッコミはナシでお願いします)
 
 
─────────────────────────
 
 
結局整体には1年間通い、O脚は完全に治りました。
 
 
足が遠のき2年経った今も、脚はまっすぐのままです。
 
 
が。
 
 
どうやら猫背は、より生活習慣に影響されやすいらしく。
 
 
日々の姿勢の悪さを改められなかった私は、一瞬にして猫背女に逆戻りしましたとさ。